もしかして不正出血?原因と症状

女性には約30日周期に1週間ほど生理があります。生理がなぜ引き起こされるかというと、妊娠が成立しなかったことにより、いらなくなった子宮内膜が血液とともに流れ出ることにより起こります。そして子宮内膜と経血の排泄が終わると生理は終了します。しかしこの生理の時以外にも出血が見られることがあります。これが不正出血と呼ばれるもので、その原因はさまざまなことが考えられます。
不正出血の量が少しだけだから大丈夫だろう、短期間で出血が止まったから大丈夫だろうと自分で判断してしまうことは非常に危険なことです。まれに病気が原因で出血する可能性もあるので、もしも不正出血が見られた場合には、早めに医師に相談する必要があるといえます。それでは不正出血の原因としては、どのようなことが考えられるのでしょうか。
不正出血の多くは主にホルモンバランスの乱れにより起こります。女性は2種類の女性ホルモンが分泌されていますが、その分泌量が変化することでバランスが崩れ、不正出血につながります。その一つに排卵日付近に起こる排卵出血が挙げられます。一般的には生理が終わってから約14日前後に排卵が起こるとされています。この排卵期付近では女性ホルモンの乱れが起こります。このホルモンバランスが変わる際に、卵子が排卵されるときに卵巣の表面が破れることで少量の出血が見られることがあります。この排卵出血には個人差があり、鮮やかな鮮血の場合もあれば、おりものに少し血が混じった程度で、出血していることに気がつかないことも多いでしょう。
次に無排卵月経が原因で不正出血がおこることもあります。無排卵月経は生理周期が乱れているケースが多く見られます。生理周期や出血期間が短すぎたり長すぎたり、出血量が多すぎたり少なすぎる場合には、無排卵月経の可能性も考えられます。この場合には将来不妊の原因になる可能性もあるので、基礎体温を3ヶ月間ほどつけて、婦人科に相談するようにしましょう。また、排卵後には妊娠に向けた準備を進めるために、黄体という組織がつくられます。しかしこの黄体の機能がうまく働かなかった場合に、流産しやすくなったり、妊娠しにくくなってしまうのです。これは黄体機能不全と呼ばれるものですが、これが原因で不正出血を起こすこともあります。
これらのほかに冷えや疲れ、強いストレス、睡眠不足、偏った食生活なども不正出血が見られることがあります。これらの習慣に当てはまるようであれば、一度生活習慣を見直してみるとよいでしょう。

参考サイト:更年期障害症状(http://www.xn--cctx7drvl7eq48ctke7y3e.jp/)

不正出血と腰痛の関連性

月経や月経前などの時期には、体がだるいなど倦怠感を感じたり腹部や腰に痛みを感じることがあります。これらの痛みは生理痛と呼ばれるものですが腰痛もその1つです。腰痛はホルモンの影響を受けやすく、月経期間中に症状が出やすいといわれています。また、月経とは異なる不正出血の場合にも、生理痛に似た痛みを伴うことがあります。そもそも不正出血とは月経時以外に性器から出血することをいいます。不正出血は女性の体にとって、あまり望ましいものではありません。しかし、ちょっとしたホルモンバランスの乱れなどによっても引き起こされることがあるので、不正出血を経験したことがあるという女性も多いのではないでしょうか。
不正出血に腰痛が伴う場合には、病気が原因になっていることがあります。例えば、子宮筋腫や子宮頸がん、子宮体がんなどの腫瘍によって引き起こされることがあります。また、子宮内膜症が原因になることもあります。それから、クラミジア感染症などの性感染症が原因の場合もあります。子宮筋腫は子宮に良性の腫瘍ができる病気で、主に40代以降の女性に多く見られる病気です。一方、がんは悪性の腫瘍のことをいい、子宮頸がんは子宮頸部に子宮体がんは子宮内膜にがん細胞が出来てしまうものです。50代以上の女性に多く見られる病気で、がんが進行してくると不正出血や腰痛、腹痛などの症状が現れると言われています。子宮内膜症は女性ホルモンによって、子宮内膜の組織が他の部位に増えていってしまう病気です。進行すると不正出血や腰痛、腹痛などの症状が現れることがあります。それから、クラミジア感染症はクラミジアという細菌に感染して起こる性感染症です。不正出血や腰痛などの症状が現れる場合もありますが、全く症状がないこともあります。
また、病気以外にも不正出血で腰痛を伴うことがあります。ホルモンバランスの乱れやストレス、服用している薬の副作用などです。女性の体内では、プロゲステロンとエストロゲンと呼ばれる2種類の女性ホルモンが機能して、月経や排卵などをコントロールしています。しかし、大きなストレスを感じたり睡眠不足など不規則な生活を送っていたり、過度なダイエットを行うなどするとホルモンバランスが乱れることがあります。すると、月経や排卵が上手く行われずに生理不順になってしまったり、不正出血が引き起こされたりします。また、それによって痛みが生じることもあります。

腹痛を伴う不正出血

女性の身体というのは繊細に出来ているので、ちょっとした切っ掛けで体調が変化しがちです。特に近年、男性顔負けで忙しく働き続ける女性が増えており、疲労やストレスを溜め込んでしまっている人が少なくありません。ですがその結果、生理に乱れが生じ易くなります。しかもそれだけでなく、生理以外の時期に出血するという不正出血にも注意する必要があるのです。
そんな不正出血は、様々な原因で起こってしまいますが、特に注意すべきなのが腹痛を伴う形で不正出血が起きてしまう場合だったりします。強い腹痛や出血量が多い場合は、何らかの病気が原因である可能性が高いので、起こってしまったら、変に様子見をしないで出来るだけ早く病院に行き、医師に診察を受けた方が無難であると言えるのです。
そして腹痛を伴う不正出血の原因として考えられる具体的な原因はまず、排卵による出血があります。これは基本的に排卵日の近辺に起こる症状であり、ホルモンバランスに乱れが生じたのが原因で、軽い腹痛を伴う事があるのです。しかも、おりものに少量の血が混じる程度であり、1日から3日程度で収まるのが通常なので、特に深刻な症状ではありません。
同様に仕事等で疲労やストレスを溜め込んでいると、ホルモンバランスに乱れが生じ易く、不正出血が起こる事があります。なので少量の出血や軽いお腹の痛みならば、じっくり身体を休めたり、気分転換をする等して、疲労やストレスの解消を行う事で、症状を改善する事が可能です。
ただし、腹痛を伴う不正出血が起きる原因として特に注意が必要なのが、子宮や卵巣等に生じた病気だったりします。しかも子宮内膜炎や子宮筋腫、子宮頸がんに卵巣がん等、様々な病気が要因となっている事が考えられるのです。その上、命に関わる様な重大な病気である可能性もあるので、はっきりとした形で症状が出た場合には、なるべく早く病院に行き、診察を受けておいた方が、やはり無難だと言えます。
ただし女性の身体に不正出血が起きる事は、何も悪い事だけではありません。中には妊娠が原因で、出血が起きるケースもあるのです。しかもそういった妊娠による不正出血は、軽い腹痛を伴う事も少なくなかったりします。更に生理の予定日よりも幾分早く起きるので、中には生理が早まったと勘違いする女性もいたりするものです。
とはいえ妊娠後に腹痛を伴う不正出血が起きた場合は、注意が必要だったりします。これは流産の兆候として起きてしまう症状なので、その際も出来るだけ早く、病院に行って診察を受けるべきです。

不正出血が鮮血で止まらない

女性特有の症状でもある不正出血とは、毎月の月経以外の時に出血するという症状のことです。よく、不正出血が鮮血の場合は特に注意が必要であるということを耳にするものですが、実際にはどうなのでしょうか。
基本的に言って、鮮血の不正出血が起きる一つの原因は、女性ホルモンの乱れにあると考えられています。特に、ストレスや睡眠不足といった要素がある方は、女性ホルモンの乱れによる不正な出血を経験しているかもしれません。このような場合は、普通一日か二日で止まるため、過度に心配する必要はないでしょう。
しかし、不正出血が鮮血で、なおかつなかなか止まらないという場合には注意が必要でしょう。特に、出血が止まらないことに加えて、幾つか別の症状が見られるような場合は要注意です。何らかの病気が関係している場合があるからです。
例えば、不正出血が鮮血でなかなか止まらないということに加えて、貧血や息切れ、動悸といった症状が見られる場合には、子宮筋腫になっている可能性があると言われています。実際、子宮筋腫になっている場合、真っ赤な血液が多量に出血することがあるのです。
また、鮮血の不正出血が止まらず、なおかつ排尿時の痛みや性交時の痛みなどがある場合、委縮性膣炎を患っている可能性があります。特に、更年期に差し掛かっている女性の中には、この委縮性膣炎になる方が比較的多いと言われているため、十分の注意が必要でしょう。
さらに、不正出血が鮮血で止まらないのに加えて、下腹部に痛みがあったり、頻尿や血尿などの症状が見られる場合には、子宮がんの可能性も否定できないとされています。実際、子宮がんの初期の場合、自覚症状はほとんどないと言われているため、これらのちょっとしたサインも見過ごさないようにすることが大切でしょう。
これらに加えて、月経の時以上の多量の出血があったり、出血時に塊片が混じっていたりするなら、流産や切迫流産の可能性があると言われています。このような場合、早期に治療を受ければ切迫流産を回避することもできるとされています。
こうして考えてきましたように、不正出血が鮮血で止まらない場合には、何らかの病気が関係していることがあります。少しでも違和感を感じたら、放っておかないできちんと診てもらうようにしましょう。女性にとって大切な器官である子宮を守るためにも、不正出血がある場合には早めに医療機関の診察を受けることが勧められています。

生理が遅れる要因とは

これら3つのきっかけは、いずれにしても、神経系のダメージによって引き起こされるものです。

人各々生理周期が異なるため、人と比較したり、一般的な情報に惑わされると、ますます気がかりになり生理の遅れが悪化します。

改善メソッドも多彩で、薬などの処方を受ける事が心配無用感につながり、生理も周期的に規則正しくなるように思われます。

脳下垂体というのは、自律神経の中枢としての役割をもっているため、ストレスの影響を受けやすいのです。

主なきっかけは3つあります。

大きなストレスにさらされる事によって、排卵が遅れたり、排卵されなかったりするため、生理の遅れに繋がってしまいます。

1つ目は、精神的なストレスや不安事が多々あるケースです。

生理の遅れのきっかけは懐妊の確率がある事例だけではなく、他にも色々な要因があります。

3つ目は、急激なダイエットや肥満、慢性的な肥満がきっかけとなっているかもしれないと言う事です。

排卵の仕組みは、脳にある視床下部から脳下垂体への指令があり、卵巣での排卵を促すというものです。

月次決まった的にくる生理の遅れがあると、かなり懸念事項になります。

ダイエットとは真逆の肥満に関しても、ホルモンバランスを乱してしまう事が多々あるため、排卵の乱れから、生理の遅れがみられがちです。

神経系のダメージによらないきっかけとしては、そもそも生理周期が乱れやすい体質である事も考慮しられます。

脳下垂体系の働きが悪くなる事で、排卵が遅れたり、無排卵になってしまう確率があります。

あまり気にしすぎない事が良いのではないでしょうか。

ストレスなどによって生理の遅れが引き起こされる事です。

けれども、症状がひどすぎる時には、迷わず病院に行ってみるといいでしょう。

排卵前のエストロゲンと、排卵後のプロステロンの2種類のホルモンのバランスを正常にキープする事で、ホルモンの分泌量の調節ができ、生理のサイクルを整える事ができます。

きっかけをなくす事で、正しい周期で生理がくるようになるかも知れません。

自律神経が乱れる暮らしは、ホルモンバランスの乱れも引き起こしやすいです。

生理の遅れがひどく、懸念事項なようならば、婦人科を受診して、具体的なきっかけを知ると良いでしょう。

規則正しい暮らしを送るだけで、生理の遅れが無くなる見込みがあります。

2つ目は、不規則な暮らしが続くと、生理の遅れが生じやすくなります。

極端なダイエットによって、脳下垂体系の神経系の働きが悪くなってしまう事があるからです。